2015年07月06日

沙羅双樹の花の咲く頃に


わたし、沙羅双樹がどんな花か知らなかった。
それが 一輪花なのかも樹木なのかも。

でも昨日初めて見ることが出来ました。
沙羅双樹は樹木でした。
よくよく考えたら 名前に樹って入ってるのにねぇ。


会場から外に出てきた友部さんが
にこやかに見つめて画像を撮っていて
思わず、わたし沙羅双樹の花を見たことないんです
なんてぽろっとこぼしたら

ひとつだけ咲いてるよ と教えてくれました。

今年の叶やさんのライブは、時期を遅れてしまったようで
もう花の時期は終わっていたのだけど
ひとつだけ 白い花。

思わず、
可憐な花が咲くんですねぇ と言ったら
友部さんが 可憐・・・ て 解せなそうなつぶやきを残したので
その間が面白かったのと 不思議だったのとで
あれ、変なこと言ったかな、って気になってしまった。


数年ぶりの友部さんのライブは
いろんなものが しずかに流れていって
言葉にすると なにもかもこぼれ落ちてしまいそうだったので
たくさん溢れた気持ちは 何ひとつ言葉にできなかった


あとから思ったのだけど
たぶん 花そのものを可憐だと感じたのでなくて
まるでこのライブと集まった人たちを
待ってくれていたかのような その花の存在に
感じてだったのかな。


相変わらず草花の名前は分からないけど
沙羅双樹はもう忘れないや。
image-511de.jpg
posted by たかよ at 11:43| 長野 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする