2015年09月18日

無題

あのひとは 風だった
どこからともなくやってきて
何もなくなった水面にすべりおり
そこに 舟を走らせた


あのひとは 風だった
ひょうひょうと丘をかけぬけて
必死でのびるただ一本の木の
枝に みどりを芽吹かせた


あのひとは 風だった
くらやみの道に腰おろし
手探りであゆむ人の手をひくように
そっと 外灯を揺らした


あのひとは 風だった
今日も気ままな口笛で
おそらくは気ままな路をたどりつつ
ぼくらや ねこや 鳥たちと
ひとしきり遊んだのちの
夜風と会話をするように
秋のシャツをひるがえすのだ


ほら
風が吹いているよ
そこに あなたがいるよ
posted by たかよ at 11:44| 長野 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする