2016年05月09日

関西ツアーは再会の旅、でした。高槻編

前日の雨がうそみたいに晴れた朝。
湊川で終電を逃したあたくしは、
駅近くのまんが喫茶で夜を明かして、再度梅田駅へ。

市役所一帯で開催されているイベントの音楽ステージを
歌の先輩が企画・出演されているということで
少しだけ顔を出しました。
IMG_3150.JPG


・・・のつもりが、ありがたくも
一曲だけ唄わせていただけることに。
晴天の空の下、気持ちよく唄ってきました!


調子にのってビールを2本ほど。
ほろよいながら、本日の現場を目指します。

高槻駅。
おりたつと、そこはすっかりjazzの街でした。
毎年GWの連休に、町中の街角やBARなど60か所以上で
JAZZ LIVEが繰り広げられるという、
「高槻JAZZ STREET FESTIVAL」が開催されていました。

降車客も、見るからにそれ目当てな人がたくさんで
瞬間的に、私は場所を間違えているのでわないか・・・
と、不安になったのです。


この日の現場は「Bar T−True」。
こちらでもJAZZ FES.に合わせ、
店を上げてのイベントが2日間に渡って開かれていました。
そんな場に、新参者で余所者のあたくしを混ぜてくれた
企画の栗田裕樹くん、繋いでくれた松濱くんに感謝です。


せっかくなので、イベントの頭から居られるだけいました。
カントリー、ジャス、ブルーグラス、ロック、歌謡曲
いろんなジャンルの音楽に溢れ、それぞれがそれぞれに楽しんでいて。
音楽の育つ街は、聴き手も育っていくんだなぁって感じました。
関西人のノリなのか、街やお店が育てたのか、
お客さんをしっかり楽しませるステージでした。

そして、今回のおかげ様・栗田君とその仲間たち。
一組30分の枠の中で、しっかり魅き込んで
聴かせて、ノせて、最後は一体になって盛り上げて。
t-true.jpg


そんなめっちゃいいステージを目の前にして、
あたくしはいつもの悪い癖が出た。
あたしはあたしの唄をうたうしかない。
のに、背伸びをする。
ゆえに、不安定になる。
焦点が合わない、ぼやける。

結局、自分のライブを出来ないまま。

そんな悔しい思いをさせてくれたのは
スゴいプレイヤーのみなさんのおかげ。
いろいろ足りないものを教わったのでした。
t-truetaka.jpg


帰り際、転換中の忙しい中マスターにご挨拶したら
「たかよって名前めずらしいね。
むすめ以外で初めて会ったよ」って話してくれました。
この瞬間に、沈んでいた気持ちが救われました。

もっと精進して、必ずリベンジしたい。


でも、ひとまずそまもすに会いたいなぁ。
IMG_3147.JPG

【セットリスト】
1.禁煙者のバラード
2.ミルクティー
3.あくび
4.億万分の自分
5.まちのひ
posted by たかよ at 22:19| 長野 ☁| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする