2016年02月18日

2月10日。どうしても食べたい味を思い出した。

ctrlキーがバカになったノートPCで更新してます。

ブログを更新しない間にあったことのひとつに
我が家の暴れん坊・茂助くんがありとあらゆるコードを
噛み切ってくれました。

マウスがふたつなくなりました。

芝居の稽古がいよいよ大詰めだったし
年末から始めたお仕事が忙しかったりと、
そんなこともあり、ブログしばし放置していました。
言い訳御免。。。



先日2月10日は、うめたか亭でした。

ゲストは、佐久から詩人・朗読家のGOKUさん。
とても大好きな方。
会うたびに、ますますそう感じる。
最強の、こどもで大人な人なんだ。


GOKUさんに、
うめたかお互い新作の詩を読んでもらおうという
スペシャルな企画でした。
うめのも、あたくしのも、
当日パッと渡して、その場で即興でギターの伴奏をつけて。

とってもよかった、と思う。
ちゃんと見たいから録画しとけばよかった。
もう二度と聴くことはできないものだったから、よかった。


わたしから生まれた言葉が、
誰かの声を通して、(それがGOKUさんだし!)
わたしの持たないリズムと音と感情で、踊る。
そんなこと、初めて体感させてもらいました。
ありがとう。

GOKUさんの朗読は、
気迫と、ゆるやかさと、大胆さが、
切妙な波でやってくる。
本気ってこういうことだなって感じて
あたしは、またあたしの唄を顧みたのだ。
うむ、精進します。まだまだだ。


あたしは夏休みの宿題を、最終日とか
宿題の〆切の日までやらない子だった。
今回も、忙しさにかまけて、前日ほぼカンテツでなんとか書いた。
読み返せば、まだまだだったけどふたつ、出来た。
選べないから、どっちも持っていったら
GOKUさん、どちらも読んでくれた。


で、そのうちのひとつを書いていたら
とっても食べたくなったのが
スパゲッティとハンバーグ。

一昨日食材を買っておいて、
昨日の夜はミートソースを食べよう!
と思ったんだけど、帰ってみたらご飯が食べたい人だった!
ので、急きょハンバーグに方向転換して。
でも食べたい味には程遠いやつが出来た。
焼き加減だって、味だって、形だって
全然だめだぁ。おいしかったけれど。

GOKUさんとの企画のおかげで
あの味、思い出させてくれた。
もう一度、食べたいんだなぁ。
posted by たかよ at 05:00| 長野 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: