2016年09月21日

犬は

土曜日は仕事もライブもなくて 
一日フリーだったのでワンコサービスに 
友達のウィンターくんを誘って 
初めて行くドッグランに遊びに行きました。 

ウィンターくんは
まだお友達があまりいなくて 
茂助が一番にお友達になりました。 
もちろんそまも一緒です。 


ウィンターくんのお母さんは最初 
ほかの子とうまく遊べるか
とても心配していました。 
だけど犬がすごいのは 
初めて顔を合わせた子同士でも 
挨拶をすれば、、、においをかげば 
仲良くなれるかどうかわかってしまうんです。 


ドッグランに行くと 
先にサンくんという小型の子がいて 
あっという間に仲良しになって遊んでいました。 
ウィンターくんのお母さんはそれをみて
驚いてそして感心していました。

あたしもそう思う。どうしてワンコは
たった5分で友達になれるのだろうなぁ。
すごいなぁ。


だけどあたしがそのあとに
何となくぼんやり思ったのが
生まれたての人は
犬とおんなじくらいの
感度はあるのじゃないかなって。


それを曇らせるものは
蓄積された様々な欲。無用な感情。
自己他者に対する偏見、等々
それらを振り切ることができるなら
きっと会った瞬間に友達を感じる
そんな風に思う。


けれどそれを失くしたら
人の社会の中では間違いなく浮くし
人社会で生きていくには
必要で仕方ないものなのかもしれない


人の不便さよ。
でもこれだから「人」なのかな。
image-685e4.jpegimage-dcff3.jpegimage-c522d.jpeg
posted by たかよ at 05:08| 長野 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: