2017年10月17日

10月16日 月曜日


image1.JPG

もう秋なのだ。


あっという間に、秋なのだ。

こないだ赤くなってきたと思ったりんごちゃんは
もうすっかり収穫の時期を迎えていました。

うちの柿の木ももうじき、重い重いと言って
ポロポロこぼれそうな実をぶら下げる。
そしたら片っ端からもいで、
皮ひっぺがして酒ぶち撒いて
ぶらさげ放置の刑だ。→干し柿へ

田んぼという田んぼはもう丸坊主。
栗ごはんも、きのこ汁も、松茸茶碗蒸しも、無事に今年もありがたくいただいた。

ストーフが居間に出た。
こたつはまだガマン。
そまと茂助は私の布団にもぐって
寝るようになった。

こんな風に、
信州の秋は駆けぬけていく。
冬は。
いろづく木の葉の隙間からのぞいてる。
posted by たかよ at 01:01| 長野 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: