2017年12月31日

2017年、ありがとうございました。

IMG_2524.JPG
IMG_2522.JPG
今年も一年が終わろうとしています。
IMG_2526.JPG


師走、頑張りました。

名古屋行って、松本塩尻ぶぁっとやって
前橋行き〜の佐久寄って、
地元納めは駒ヶ根で、本納めは東信上田まで。
ミニマム移動なっがら、唄いまわった一か月であり
2017年の締めくくりでした。


松本マイシャトーで初共演させていただいた、森田遊人氏。
IMG_2252.JPG
その芸風!?に反し、感動すら覚えました。
しばらく、彼の曲がループして仕方なかったな。
表現で自由になる、ってこと考えさせられた。

初の前橋水星で共演させていただいた
中澤田たかし&サムさん。
歌の底力ってのをガッツンと教えていただいた。
私もそれを受け、精いっぱい唄った。
最後は、サムさんの弾き語りも聴けて
なんとも贅沢な夜。
IMG_2378.JPG
パスタが最高に美味でした。
わたしの好みを知っていたかのように
シーフード満載のやつで
牡蠣がプリプリ&クリーミイで瞬殺でした。
IMG_2370.JPG


駒ヶ根NIRVASHでは、念願のaroさんとの共演。
声が本調子でない中で、こんなにも思いが伝えられることに
ハッとさせられた。
やっぱり、自分の描きたいものをしっかりみつめていれば
伝えられるんだって。
そして。私も少しはそんなライブ出来たかも、
って思えた駒ヶ根の夜でした。
そう思えたのは。
その前の週の、佐久RAVENライブで
昔の自分に会ってきたからなんだ。

佐久での共演陣、3961さんも伊藤寛人さんにしても
あまりに久方振りで、いろんな思いがよぎりすぎて
昔話を語ってしまったし
でも、語ることで今がまたやってきたし、本当にかけがえない時間でした。


唄い納めは、上田犀の角。
今年からスタートした企画「犀の夜」のスペシャル企画として
唄わせていただきました。

私含む8組、それぞれの表現にただ浸った。
IMG_2421.JPG
言葉、メロディ、暮らし、夢、欲望、細胞、愛、孤独、宇宙、
そんなものを変わるがわるイメージして、時間は流れていった。
それぞれの表現者は、持てる限りを限りある30分の中に注ぎ込み
それぞれの視点が、それぞれの世界を作り出していた。
でもそれぞれが、なぜかしらどこかで交叉するような
そんな感覚をいた気もした。
この素晴らしい空間の彩に、犀として、
混ざれたことに感謝します。


自称「比較的前向きなクヨクヨ系」唄うたいですが
その通り、自信などないのですが
そんなこと言ってるのは、ただのふてくされで
実際その自信ないものをどれだけの人たちに聴いて
観てもらってるのかってこと。
もっと自覚をする必要がある。
いっぱしの唄うたいなのだと、自負するのならば。


そして他にもここに書き切れないくらい
何かを気づかせてくれた、12月。
そして、2018年への目標もまた見えた。

うむ、よく頑張った!と、
ワタシ的には自分をほめてあげてもいいだろうと。
たまにゃほめなきゃ、くじけてしまう。
変なムシもわく。


2017年、63ヵ所の会場と人とお世話になりました。
来年はもっと本数増やして、お初の土地で唄いたい。
音源も作る。
2019年は、くすぶりつつも唄うたい人生20年目らしい。
昨日、後生大事に隠し持っていた過去のアンケートを読んで発覚した。
読みながら、捨てた。
捨てながら、たくさん拾い上げたものを
2018年の糧にして。

一年、本当にありがとうございました。
不格好に、唄いつづけます。


2017.12.31 カメ亭こたつの中で
posted by たかよ at 19:58| 長野 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: