2018年02月12日

唄を続けるということ。

1月21日(土)、今年最初のカメルーン亭ライブは
地元スペシャルということで、南信所縁のかおぶれでした。

今回の出演者オサカミツオくんと共に
みはらしファームにあるカフェ「喫茶はるか」で続けてきた企画ライブでは
馴染みのアーティスト。
サトウリュースケくん、
深瀬人寛さん、
そしてわれらがオサカミツオ!
で、住人代表であたくし・山うらたかよ
という、ホントに馴染みのかおぶれ。(2回目)

はるかライブを休止してからしばらくはお互い、
共演することはなかっただけど、今回思い立ったのは
短期間に久しぶりの再会が立て続けに起こったから。
こういうのは、もう抗うことはできないのですよ。
それぞれは、この伊那谷に馴染みのかおぶれ(3回目!)
でも、案外顔揃えてっていう機会はなかったように思う。

お互いがそれぞれの個性で、パワーアップした様を
確認できた夜だったように思います。
わたしもパワーアップ出来てるかな。
唄いつづけていれば、きっと何か見えるのかな。
精進、します。


翌日は、塩尻Bar On the Roadのオプマイ「アコナイ」に
いつも通りに参加したのですが、
この日のゲストである島津田四郎さんが
あまりに自分の音楽に真摯に向き合い歌うので
惹き込まれました。
印象的だったのが、盛り上がり過ぎでこわい、的なことを
ぽろっと言ったこと。
なるほど、そうなのかもと思った。

会場が盛り上がること、と
唄を届けることは比例しない。
そこをはき違えると、唄は死ぬ。

そんなことなのかもしれない。
posted by たかよ at 01:04| 長野 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: