2018年01月27日

唄い初めは、伊那生活の12年間を振り返るような

今年初のブログ更新が、もう1月も終わりに近い頃になってしまったけど、全然気にしない笑

今年もよろしくお願いします。

1月はかなりのんびりなスタートから、一気に駆けました。
ばばば、と書き連ねるには気持ちが大きすぎるので。
一つ一つ、書いていきます。

1/13のkanoyaマスターメモリアルライブで唄い初めでした。

12年前、伊那に来てすぐくらいにkanoyaの前身である「jazz cafe BASE」にちょこちょこ顔を出すようになって、、、唄より呑みに行くのが多かったけど、たまに唄わせていただいたり。
伊那に、こんな文化的?なお店があるってことがとても私には驚きで、救いでもありました。
音楽愛に溢れていた。
そこで、いろんな人に出会ったなぁ。
いいライブ、たくさんあったなぁ。
あ、落語も聞いたな!!

駅近くに移ってからは少し足が遠のいたけど、それでもランチに行ったり、たまの呑み帰りに飲み足りなさを感じると立ち寄ったり。
たまに企画もやらせてもらったりしたけど、なかなかの苦言をいただいたりもした。


いいお店だったな。あのマスターの、お店だったんだなぁと、今更ながら実感しています。
大切な存在です、いなまちには。
また再開してほしい。

メモリアルライブ、出演陣も濃かったなぁ。
ジャンルレス、でも一つの気持ちで繋がる音と時間。
きっとマスターも、そこにいてヤジりつつ楽しんでくれたはず。

あたくしは、やっぱあの曲を唄いました。
マスターがカウンターの奥で
ゆらりと燻らす煙草の煙を思いだしながら。
ありがとうの、気持ちを込めて。
IMG_2577.JPG
posted by たかよ at 12:02| 長野 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月31日

2017年、ありがとうございました。

IMG_2524.JPG
IMG_2522.JPG
今年も一年が終わろうとしています。
IMG_2526.JPG


師走、頑張りました。

名古屋行って、松本塩尻ぶぁっとやって
前橋行き〜の佐久寄って、
地元納めは駒ヶ根で、本納めは東信上田まで。
ミニマム移動なっがら、唄いまわった一か月であり
2017年の締めくくりでした。


松本マイシャトーで初共演させていただいた、森田遊人氏。
IMG_2252.JPG
その芸風!?に反し、感動すら覚えました。
しばらく、彼の曲がループして仕方なかったな。
表現で自由になる、ってこと考えさせられた。

初の前橋水星で共演させていただいた
中澤田たかし&サムさん。
歌の底力ってのをガッツンと教えていただいた。
私もそれを受け、精いっぱい唄った。
最後は、サムさんの弾き語りも聴けて
なんとも贅沢な夜。
IMG_2378.JPG
パスタが最高に美味でした。
わたしの好みを知っていたかのように
シーフード満載のやつで
牡蠣がプリプリ&クリーミイで瞬殺でした。
IMG_2370.JPG


駒ヶ根NIRVASHでは、念願のaroさんとの共演。
声が本調子でない中で、こんなにも思いが伝えられることに
ハッとさせられた。
やっぱり、自分の描きたいものをしっかりみつめていれば
伝えられるんだって。
そして。私も少しはそんなライブ出来たかも、
って思えた駒ヶ根の夜でした。
そう思えたのは。
その前の週の、佐久RAVENライブで
昔の自分に会ってきたからなんだ。

佐久での共演陣、3961さんも伊藤寛人さんにしても
あまりに久方振りで、いろんな思いがよぎりすぎて
昔話を語ってしまったし
でも、語ることで今がまたやってきたし、本当にかけがえない時間でした。


唄い納めは、上田犀の角。
今年からスタートした企画「犀の夜」のスペシャル企画として
唄わせていただきました。

私含む8組、それぞれの表現にただ浸った。
IMG_2421.JPG
言葉、メロディ、暮らし、夢、欲望、細胞、愛、孤独、宇宙、
そんなものを変わるがわるイメージして、時間は流れていった。
それぞれの表現者は、持てる限りを限りある30分の中に注ぎ込み
それぞれの視点が、それぞれの世界を作り出していた。
でもそれぞれが、なぜかしらどこかで交叉するような
そんな感覚をいた気もした。
この素晴らしい空間の彩に、犀として、
混ざれたことに感謝します。


自称「比較的前向きなクヨクヨ系」唄うたいですが
その通り、自信などないのですが
そんなこと言ってるのは、ただのふてくされで
実際その自信ないものをどれだけの人たちに聴いて
観てもらってるのかってこと。
もっと自覚をする必要がある。
いっぱしの唄うたいなのだと、自負するのならば。


そして他にもここに書き切れないくらい
何かを気づかせてくれた、12月。
そして、2018年への目標もまた見えた。

うむ、よく頑張った!と、
ワタシ的には自分をほめてあげてもいいだろうと。
たまにゃほめなきゃ、くじけてしまう。
変なムシもわく。


2017年、63ヵ所の会場と人とお世話になりました。
来年はもっと本数増やして、お初の土地で唄いたい。
音源も作る。
2019年は、くすぶりつつも唄うたい人生20年目らしい。
昨日、後生大事に隠し持っていた過去のアンケートを読んで発覚した。
読みながら、捨てた。
捨てながら、たくさん拾い上げたものを
2018年の糧にして。

一年、本当にありがとうございました。
不格好に、唄いつづけます。


2017.12.31 カメ亭こたつの中で
posted by たかよ at 19:58| 長野 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月08日

師走、師は走る、皺は知る、しはは・・・

IMG_2171.JPG
12月です。
師走の字のごとく、今月は大いに忙しい月となりそう。

12月の最初の週は、名古屋プチ遠征
「夜空と月のピアス」にてライブでした。
ピアスさんには、今年は季節ごとに呼んでいただき
数えれば5回も唄わせていただきました。
本当に感謝感激雨あられです。

今回は、タイミングよく某ゆきのさんの名古屋ツアーと絡めることができて
ゆきのさんと、初の県外共演が叶いました。
IMG_2197.JPG

ゆきのさんは、どこ行っても変わらない。すげいやい。
相変わらずいじられまくりで、名古屋だってことをすっかり忘れるくらい。
他の共演のみなさまとも和気藹藹!?で
今年のピアス唄い納めは、なんやかんやで納まりました!
共演の中山大之くん、迫水秀樹くん、さやかさん、ゆきのさん
来てくれたみなさま、そしてスタッフ&ジロウさん
本当にありがとうございました!

【セットリスト】
ひとり、旅2
あくび
ミルクティー
茂助とびすけっと
クリスマスソング

ピアスはすでに次回のライブも決まっていて
3/10(土)に、信州の仲間を引き連れて唄いいきます。
ちょっと企んでます!こうご期待ですv
IMG_2203.JPG


その日の夜は、存続危ぶまれる花音さんにお世話になり
ゆきのさんとほぼ朝まで語らいました。
いつか一宿の恩を、音でお返ししたいが。。。

翌日は、12/9に松本でご一緒させていただく
森田遊人氏を訪ねてまいりました!
彼のライブ、かなり期待大ですよ!お時間ある方は
12/9の夜、マイシャトーへ是非ともいらしてほしい♪

そしてこれを書いてる今日、
近所も近所の、伊那市みはらしファーム内「トマトの木」で
唄ってまいりました。
飲食メインの会場なので、どう唄ってこうかと思ったけど
真摯に聴いていただく、てなスタイルで
久々にゆったりとした空間を意識し、やってきました。
最近の山うらたかよにはない、なかなかレアな雰囲気のライブとなりました。

【セットリスト】
まちのひ
人にふれて
そまのうた
北風小僧の寒太郎
マフラー
クリスマスソング
あたししがない兼業うたうたい
IMG_2231.JPG


その後も今月は、県内外で唄う機会をいただけております。
どこかで、是非お会い致したく候!!

12月9日(土) 松本市 「マイ・シャトー」
12月10日(日) 塩尻市「Bar On the Road」
〜アコースティックナイト
12月16日(土) 前橋市「水星」
12月17日(日) 佐久市「RAVEN」
12月22日(金) 駒ヶ根市 「NIRVASH」
12月23日(土) 上田市「犀の角」
IMG_2174.JPG

posted by たかよ at 23:10| 長野 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月29日

雨続きの10月

IMG_1742-5d02b.JPG
ここ最近、週末ごとに雨だ。
この台風のおかげで、各所で様々な被害があったようで、切ない気持ちです。
屋外ライブが続いていたので軒並み中止で残念な気持ち。

先週10/22、我が家で行いましたカメルーン亭ライブも、台風でご予約キャンセルが相次ぎ久々にゆったり空間での開催でした。
とにかく演者とお客様が無事に到着し、無事に帰られた、それだけでまずは成功です。開催出来ただけでありがたかった。
みなさん無事で、来てくれて、本当に感謝です。
ライブはとても良かったのです。
今の形でカメルーン亭ライブをはじめて、1年半ですがなかなか特別なライブ空間になってきました。
みんなこの「家」感が良いみたいで、、、って、家だけど笑
お客さんも演じる側も、飾りを取って、いい意味でのラフさを感じてくれるようです。ここでしか味わえないものを醸し出しているみたい。

カメ亭ライブは、季節ごとに1回、年に4回開催を目安に、ゆるーく且つ人選には妥協せず企画しています。
次は、冬。来年1/20土です。

今回のカメ亭ライブで歌ってくださった
大平俊郎教祖からお誘いいただき、10/28は飯田ふぉのにて久々に唄わせていただきました。
今月2本目ライブ😭

企画大平さん以外、出演者の宮沢隆とaokusazuriさんも
メインのハルミさんもお初でしたが、これが熱かった。

IMG_1785.JPG
宮沢隆さんの、剥き出し感、
ハルミさんの声には、女性シンガーでは久々にパンチ喰らいました、
IMG_1839.JPG

教祖は、1週間ぶりでしたが笑キレてましたねぇ!!還暦おそるべし!!

IMG_1817.JPG

9月に右手をら負傷したことも影響あるけど
ここまでライブが出来ないと、いろいろ不安になります。
わたしの唄は求められていないのか。。とか、マイナスな思考にも傾くのですが、
この日のふぉのの演者みんなから感じたことは、

ひたすら、うたうことが、演奏が楽しい


ただそれだけ。
ただそれだけで、
それを観た私含め周りを幸せに出来るんだ。

わたしはうたっていても良いんだな。
一進一退、の進。

[セットリスト]
1.あくび
2.禁煙者のバラード
3.あたししがない兼業唄うたい
4.かえりみち



posted by たかよ at 10:20| 長野 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月20日

自分のカンをしんじて

image2.JPG

懐かしい。
掃除してたらこんなのが出てきた。
まだ20代の頃、昨今の路上ライブブームを知ってか知らずか
夜な夜な繰り出していた常磐線沿線での路上ライブで立てていた看板。

イラスト好きの幼馴染が描いてくれたのだけど、
この頃はとにかく歌いたいってだけで、
ひたすら歌いに出ていた。

曲が出来たから、と歌い
曲が出来なくて、と歌い。
でも、ただ歌うことが楽しかっただけ
考えることもあったけど、
それはそれで大切な時間だったなぁ。

歌は、唄にかわり、
その場所も目標も、あの頃とはかわったけど
それでも元にあるものは変わってないな。
そんなことを思い出しました。

ここ最近の出会いや、再会のおかげで
年明けの企画ライブが閃きました。
ありそうであまりなかった顔ぶれです。
この、伊那谷の懐の深さを感じられるような
そんな夜になるでしょう。

あーー、早く告知したい!!
今からワクワクしています。
でも、それまでの唄もしっかりやらなきゃね。

今週末は、
10/21土、大芝イルミネーションライブと
10/22日カメルーン亭ライブです。
素敵なメンツですので、是非是非足を運んでほしいです。
posted by たかよ at 00:53| 長野 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする